事業活動

事業活動 在庫目次

在庫のある報告書に関して、論文名・執筆者のお名前をご紹介しています。
「オーダーフォーム」から、申込が出来ます。

85各国における遺言執行の理論と実態

オーダーフォームへ

はしがき                道垣内弘人)

1章 フランス法――遺言執行()の制度的前提――   (中原太郎)

2章 フランスにおける遺言執行者――非財産的権利(葬送の自由・著作権人格権)における役割を中心に――  (幡野弘樹) 

 補論 ヨーロッパ遺言登録ネットワーク協会について(幡野・中原)

3章 ドイツにおける「遺言執行」 ――継続的執行の果たす役割と課題――     (吉永一行)

4章 オーストリア法における遺言執行制度について

――ドイツ法との比較法的考察――      (ガブリエーレ・コツィオール)

5章 イングランドにおける遺言執行          道垣内弘人・沖野眞已)

6章 アメリカにおける財産承継の動態 ――統一遺産管理法典と検認対象外財産承継―― (溜箭将之)

7章 ミズーリ州における相続財産の承継手続 ――遺産管理手続を中心として――   (加毛 明)

84資産の管理・運用・承継と信託に関する研究

オーダーフォームへ

 <目次>

 

はしがき

 

遺言による処分を対象とする詐害行為取消しについて (岩藤美智子)

 

受託者が法人である場合における役員の連帯責任に関する一考察 (高橋陽一)

 

複数受託者と信託にかかる事務の分担 (木南 敦)

 

遺言信託の効力の発生と特定物たる信託財産権利移転をめぐる問題 (野々上敬介)

 

アメリカにおける撤回可能信託に関する一考察

 ――委託者の能力喪失と受益者による権利行使をめぐる議論を中心に―― (木村 仁)

 

信託の効力に関する一考察

 ――東京地裁平成30年9月12日判決 (金融法務事情 2104号 78頁)をもとに (佐久間毅)

 

財産の死因処分と、処分者による撤回・変更可能性

 ――遺言・死因贈与・遺言代用信託を比較して―― (宮本誠子)

 

信託と遺留分に関する一考察

 ――相続法改正をふまえて―― (木村敦子)

 

83人口減少・高齢化・少子化の同時進行の下での日本経済と金融

オーダーフォームへ

第1章 人口減少下の地域と金融を考える (小峰隆夫)

第2章 人口オーナス進行下のマネーフローと金融仲介 (金木利公)

第3章 家計による情報取得と金融資産投資:「日本家計パネル調査」のデータによる分析 (祝迫得夫)

第4章 金融機関経営の現在と将来 (真壁昭夫)

第5章 国内預金・国内貸出からみた地銀の役割変化 (鹿庭雄介)

第6章 将来人口推計に基づく都道府県別の個人預金市場規模の将来予測

      ――北海道東北7道県のケース――  (鯉渕賢/後藤瑞貴)

第7章 企業数の減少と金融機関店舗数への影響 (村上義昭)

第8章 高齢者支援による『地域ボーナス』の未来 (吉田和彦)

82金融取引と課税(5)

オーダーフォームへ

はしがき (中里実)

 

無償取引と取引の単位 - 課税の前提に関する研究ノート - (中里実)

 

松田浩道「憲法秩序における国際規範:実施権限の比較法的考察」を読む (増井良啓)

 

所得税と相続税の調整:アメリカ生命保険源泉徴収税の外国法控除と債務控除(BFH Ⅱ R 51/14)(浅妻章如)

 

コンフィデンシャリティは自由か特権か

 租税情報の報道機関への開示を巡るR(Ingenious Media plc) v Revenue and Customs Commissioners [2016] UKSC54の紹介

                                                    (渕圭吾)

いわゆるSovereign Wealth Funds と租税法・財政法 ー 研究ノート (藤谷武史)

 

Cost of living に応じたタックス・ブラケットの調整:資産性所得に関する研究ノート (神山弘行)

81金融商品取引法と信託規制

オーダーフォームへ

はしがき (神田秀樹)

金融商品取引法に関する行為規制 (折原 誠)

信託受益権に関する行為規制 -信託業法と金融商品取引法とが交錯している部分を中心として (田中和明)

信託の受益者に対する情報開示規制 (佐藤 勤)

信託と公開買付規制・大量保有報告規制 (小出卓也)

信託受益権の非有価証券化の解釈論的試み (小川宏幸)

信託規制法研究会報告書の取り纏めに寄せて (井上 聡)

 

 

 

ページの先頭に戻る