• HOME
  • 事業活動 新刊案内

事業活動

事業活動 新刊案内

事業活動の成果内容は出版・研究叢書などにより公表しています。このページでは出版物・研究叢書の最新刊について紹介します。

過去の成果内容については出版物一覧研究叢書一覧をご参照ください。

商事信託法の現代的課題

商事信託法の現代的課題

 ★ 本研究叢書は無償配布いたします(送料のみご負担下さい)。

 

                     ☞オーダーフォーム

 

 

  本報告書は「商事信託法研究会」の研究成果です。

 

<目 次>


はしがき (神田秀樹・神作裕之)

 

商事信託のガバナンス構造についての覚書

    -「運用型」と「事業型」の比較 (行岡睦彦) 

 

合同運用に関する実務上の問題点 (田中和明) 

 

中国における収益兼信託の実務及び法的問題点 (段磊) 

 

米国における信託の信託の利用 (松元暢子)

 

 

信託の80の難問に挑戦します!

信託の80の難問に挑戦します!

 ●伝統的な解釈論の及ばない領域に踏み込んで検討・分析を行い、信託の利用形態の多様化に幅広く対応した一冊。
●疑問→検討→私見→実務上の対応の流れでコンパクトに解説。

商事信託・民事信託に関わらず、現状において求められる信託法及び、 信託規制法の(信託業法等)解釈について、難問を80問厳選しました!

 

   書籍紹介=日本加除出版

外国信託法研究―遺言代替と信託法の緒論点

外国信託法研究―遺言代替と信託法の緒論点

 ★ 本研究叢書は無償配布いたします(送料のみご負担下さい)。

 

                     ☞オーダーフォーム

 

 

 本書は「外国信託法に関する研究」の研究成果です。

 

 

<目次>

まえがき       (樋口範雄) 

 

論文紹介:オーストラリアおよびニュー・ジーランドにおける遺言代替方法 (岩田太) 

 

フランスにおける遺言代替 (宮本誠子)

 

遺言代替に関する諸制度についての覚書

――ドイツの遺言代替に関する論文から――(野々上敬介) 

 

信託法の伝播と変容――コモンウェルスの3論文から (溜箭将之) 

 

受認者の注意義務についての覚書

-――アメリカにおける会社と信託の比較――(行岡睦彦) 

 

ESG投資とfiduciary duty (樋口範雄) 

 

米国証券法における「有価証券」及びEU資本市場法における「流通証券」

-――信託受益権の金商法上の取扱いの検討に向けた準備作業-―― (神作裕之) 

 

日本信託法から見た中国信託法の特徴 (田中和明)

 

日本のフィデューシャリー法:比較法・トランスナショナル法の視点  

      (溜箭将之・行岡睦彦)

The Japanese Law of Fiduciaries from Comparative and Transnational Perspectives 

Masayuki Tamaruya & Mutsuhiko Yukioka

 

 

 

 

各国における遺言試行の理論と実態

各国における遺言試行の理論と実態

★ 本研究叢書は無償配布いたします(送料のみご負担下さい)。

 

                      ☞オーダーフォーム

 

 

 本書は「遺言執行の理論と実態に関する研究」の研究成果です。


<目 次>

 

はしがき                道垣内弘人)

 

1章 フランス法――遺言執行()の制度的前提――   (中原太郎)

 

2章 フランスにおける遺言執行者――非財産的権利(葬送の自由・著作権人格権)における役割を中心に――  (幡野弘樹) 

 

 補論 ヨーロッパ遺言登録ネットワーク協会について(幡野・中原)

 

3章 ドイツにおける「遺言執行」 ――継続的執行の果たす役割と課題――     (吉永一行)

 

4章 オーストリア法における遺言執行制度について

――ドイツ法との比較法的考察――      (ガブリエーレ・コツィオール)

 

5章 イングランドにおける遺言執行          道垣内弘人・沖野眞已)

 

6章 アメリカにおける財産承継の動態 ――統一遺産管理法典と検認対象外財産承継―― (溜箭将之)

 

7章 ミズーリ州における相続財産の承継手続 

   ――遺産管理手続を中心として――   (加毛 明)

資産の管理・運用・承継と信託に関する研究

資産の管理・運用・承継と信託に関する研究

 ★ 本研究叢書は無償配布いたします(送料のみご負担下さい)。

 

                      ☞オーダーフォーム

 

 

 本書は「財産の管理、運用および承継と信託に関する研究」の研究成果です。

 

 

<目次>

 

はしがき

 

遺言による処分を対象とする詐害行為取消しについて (岩藤美智子)

 

受託者が法人である場合における役員の連帯責任に関する一考察 (高橋陽一)

 

複数受託者と信託にかかる事務の分担 (木南 敦)

 

遺言信託の効力の発生と特定物たる信託財産権利移転をめぐる問題 (野々上敬介)

 

アメリカにおける撤回可能信託に関する一考察

 ――委託者の能力喪失と受益者による権利行使をめぐる議論を中心に―― (木村 仁)

 

信託の効力に関する一考察

 ――東京地裁平成30年9月12日判決 (金融法務事情 2104号 78頁)をもとに (佐久間毅)

 

財産の死因処分と、処分者による撤回・変更可能性

 ――遺言・死因贈与・遺言代用信託を比較して―― (宮本誠子)

 

信託と遺留分に関する一考察

 ――相続法改正をふまえて―― (木村敦子)

 

ページの先頭に戻る